耐荷重別の仕様の違い

1.呼称寸法と実寸法について

見積もり画面

かんたん見積もり上では、様々な耐荷重のスチールラックを取り扱っている為、選択しやすいように統一した呼称寸法でまとめております。耐荷重によりお選びいただけないサイズや、mm単位での違いがあります。
※ご購入の前に必ず実寸法でのサイズをご確認ください。

実寸と呼び寸

ホームページ内の各耐荷重ページに寸法図をご用意しているだけでなく、明細に入った時点でサイズ表記は実寸法になります。また青い字の部分をクリックしていただくと、詳細説明ページに移動する事が出来ます。
(※画像の寸法図は300kgスチールラックの寸法図であり、耐荷重によりサイズはそれぞれ異なります)

2.棚板の割板仕様

割板仕様

【※写真は割板仕様です。隙間がほとんどなく、綺麗に入ります 】
耐荷重毎のスチールラックにより同サイズであっても1段につき1枚の棚板と複数枚に分かれる割板となる棚板があります。棚板のサイズや耐荷重により補強桟、割板仕様と変化致します。 
※2011年仕様変更前の旧モデルの棚とは互換性がありません。
3.単体形式と増連形式(連結式)について

単体形式と連結

単体形式はそのままスチールラック組み立てることで自立します。
一方、増連形式(連結形式)は、単体形式をベースに支柱を2本共有してくっつけて立てるものなので、単体形式より支柱2本少ない形でお届けします。
増連形式の特徴は同高さ、奥行きのラック(横幅は変更可)に限り連結が可能です。支柱2本分のコストが浮いて安く購入できるほか、スペースも支柱分省スペース化する事ができます。
※増連(連結)形式だけをご注文されても棚は自立しませんのでくれぐれもご注意ください。
4.オプション製品
弊社が取り扱うスチールラックではオリジナルのオプション製品を取り付けることが可能です。転倒防止用の補強金具を始め、かんたんに設置できるキャスターセット、高さを少し調節したいときのアジャスター、防塵カバーとニーズにあった製品を開発しております。 オプション単体でのご購入も可能です。なお、棚と併せてご注文いただいた際、棚の発送とオプションの発送は別々の配送元となりますので、同梱は出来ません。ご了承くださいませ。
5.組み立てのボルト式、ボルトレスについて
スチールラックを組み立てるにはボルトが必要な場合はレンチ、ボルトレスの場合はゴムハンマーを使用します。太陽設備では専用のゴムハンマーや組み立て用金具を説明書と同梱(※無料)しておりますので、届いたらすぐに組み立てることが可能です。
また、組立はボルトがいらない棚ほど、組み立てが容易であり時間もかからなくなります。